本文へスキップ

Healing Light

healinglight555@yahoo.co.jp

闇に浮かぶ燈火  Healing Lightreal estate


 宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」が大好きだ
 どこか寂しくて どこか不思議で 
 どこかノスタルジックな世界
 表層から深部まで幅広く受け手の自由がある
 その寛大さ
 同じ理由でサンテグジュペリの「星の王子さま」
 は私のバイブル
 
 闇によって光が 光によって闇が 
 そのどちらもがより際立ってみえる
 光には闇が必要で 闇には光が必要
 光と影 陰と陽 ポジティブとネガティブ 
 明と暗 表と裏 光と闇
 そのバランスが絶妙なものに心奪われる

 父が、姉が、死んでしまったときに
 私は初めて「神聖なとき」を体感した
 美しく 切なく 涙が出て 
 自分が最も単純なところにもどる
 表層の世界から深部の世界に
 神々しいとき
 
 その後、人の死を介さない「神聖なとき」
 を体感した
 「ほんとうのこと」を話したとき 
 たくさんの人の前で
 「ほんとうのこと」を話すことで
 「ほんとうのじぶん」を深部から表層に現わしたとき
 パラパラと自分のメッキが剥がれ落ち
 美しい光がさす

 「ほんとうのこと」を話すのはとても勇気がいる
 だけどもそれは勇気を出した以上のものをくれる

 私は人前で話すのはとても苦手で
 なるべくならば避けたい
 でも私は自分のメッキをはがしたい
 闇に光をさしたい
 だからチャンスがあれば自ら進んでそれをする
 不思議なことにHealing Lightが傍にいてくれると
 震えながらでも勇気を出すことが出来る
 そう
 勇気をくれるんだ   
 
 「Healing Light」を作っていると
 自分が過去に沈めてしまった「ほんとうのきもち」が
 マグマが噴き出すかの如きときがある
 泣いて 泣いて 泣きじゃくる
 わんわん声を出して子供のように大泣きをする
 そうすると誰に何を解説されるよりも
 スッと腑に落ちる瞬間がやってくる

 「あぁ そうか 私は あの時 
 ただ傷ついただけだったんだな」
 「泣きたかったのに 泣けなかったんだね」
 その時の自分がひどく気の毒に思い
 その時の自分を抱きしめて一緒に泣く

 泣いたあとなんとも言えない温かいもので
 胸がいっぱいになる
 暖かいブランケットに包まれるよう
   
 自分が何としても認めたくないと
 頑固に逃げ回っていた単純な感情を受け入れてみたら
 それはちっとも
 オソロシイものでもイタイものでもなかった
 自分が作り上げたただの幻想のモンスター

 「破壊」と「再生」を繰り返す 
 自然を見習って
 繰り返す事をやめなければ 
 自然の摂理に従っていつかきっと
 自分自身が闇を照らす
 美しい燈火となれるであろうことを信じて
  
 
 Healinglight HIROMI
 

 色即是空 空即是色  自分と共にいる時間
 Bella Notte  美しい夜 
 Anima Libera 自由な魂 
 Donatella 美しい贈り物